繊細さんの喫茶巡り

『繊細さん』である私が、訪れた喫茶店の魅力を、感じたままに綴ります。

築地:京都で初めてウィンナーコーヒーを提供した喫茶店!

今回は、京都にある『築地』をご紹介します。

 

f:id:adeliep:20201116122517j:image

 

 

行ってみた感想

以前京都旅行の際に訪れた「喫茶ソワレ」からほど近い場所にある「築地」。

飲食店が立ち並ぶ細い路地に、突然かっこいい作りの建物が姿を現します。

 

f:id:adeliep:20201116122526j:image

 

入り口を入ると、ウエスタン映画に出てきそうな扉がお出迎え。

カウボーイになった気分で豪快に扉を開けたいのをグッと堪え、静かに扉を開いて店内へ(笑)

 

2階建ての店内はとっても豪華。

建物の造りや装飾など、どれをとっても重厚感に溢れています。

 

店内はクラシックが流れていて、ゆっくりとした時間を過ごすことができます。

カウチソファもあったりして、そこでコーヒーを飲んだら、貴族の仲間入りが出来そうな雰囲気。

 

喫煙可能なため、テーブルには灰皿が。

タバコは苦手ですが、こんなお店でタバコを吸っていたらかっこよく見えてしまいそう。

 

今回注文したメニュー

f:id:adeliep:20201116122538j:image

  • ウィンナー珈琲(700円)
  • 紅茶(700円)

※2人で訪れました。

 

コーヒーはウィンナーコーヒーのみという潔さ。

と言うのもこちらのお店、京都で初めてウィンナーコーヒーを提供したお店だというのです。

 

開店と同時に訪れてしまったので、「提供までに少し時間がかかります」と言われたウィンナーコーヒーはシンプルながら気品ある佇まい。

(クリームを泡立てていたから時間がかかったのかな?とか想像してみたり。)

スプーンに添えられた角砂糖を2個入れて、ゆっくり溶かしながら味わいました。

 

彼氏が頼んだ紅茶はフォートム&メイソンのもの。

香りもとっても良くて、今回は頼まなかったけれどケーキにも合う味でした。

 

お店の場所

築地

 

まとめ|築地

今回は京都の『築地』をご紹介しました。

 

こちらのお店は

  • 重厚感のある店内
  • ウィンナーコーヒーを京都で初めて出したお店
  • 喫煙可能

などの特徴があります。

 

京都には歴史ある喫茶店が数多くありますが、その中でもこのお店ほど重厚感のある喫茶店はなかなかないと思います。

京都を訪れた際は、ぜひこの豪華な空間を自分の目で確かめてみてくださいね。

 

↓こちらの本で紹介されています!