繊細さんの喫茶巡り

『繊細さん』である私が、訪れた喫茶店の魅力を、感じたままに綴ります。

喫茶去快生軒(人形町) ~大正からある老舗喫茶店でのんびりとした時間を~

こんにちは。あんちゃんです。

 

今回は、人形町にある『喫茶去快生軒』をご紹介します。

前に行こうとしたら開いていなかったので、今回リベンジしてきました。

  

『喫茶去快生軒』について

お店の場所

こちらのお店は、人形町駅からすぐの場所にあります。

A2出口を出てすぐ右手の、この黄色い看板が目印です。

f:id:adeliep:20201009143957j:image

 

お店の雰囲気

お店の看板にも書かれているように、こちらのお店は大正8年創業と、とても歴史があります。

 

店内は赤い革張りの椅子が印象的で、両脇の壁はレンガ造りになっていました。

とっても素敵な店内だったので、写真を撮りたかったのですが、私が座った席のちょうど目の前に「写真撮影NG」の貼り紙があったので、泣く泣く断念しました。

 

そこまで混雑している時間帯ではなかったので、他のお客さんと適度な距離を保てるように、お店の方が席へ案内してくれました。

 

今回入り口近くの席に座りましたが、扉の上の窓がステンドグラスになっていて、とてもきれいでした。

 

全体的にお客さんの入れ替わりが早く、長居するのも申し訳ないかな、と思って、予定よりも少し早くお店を後にしました。

ですが、落ち着いた雰囲気のお店なので、限られた時間でゆっくり読書を楽しみました。

 

お店の客層

平日の12時過ぎに訪問しましたが、5組ほどお客さんがいました。

複数人で来店されているお客さんが多く、年齢層は高めな印象です。

サラリーマンが多いように感じました。

 

メニューについて

今回頼んだもの

今回は、ホットココア(540円)を注文しました。

f:id:adeliep:20201009124707j:image

寒い日だったので、ちょっと歩いただけで身体が冷えてしまい、何か温かいものを、と思ってココアにしました。

カップにたっぷり入ったココアは、身体を温めるのにぴったりでした。

冬が近づくとココアが飲みたくなるのは、私だけでしょうか。

 

その他のメニュー

珈琲や紅茶、ジュース類など、ドリンクの種類は豊富でした。

後から来たお客さんが珈琲を注文されていましたが、豆はその都度挽いているようでした。

 

フードメニューは、トーストやケーキ、アイスなどがありました。

食事メニューはあまりないので、お仕事の合間の休憩などに利用するのがいいかもしれません。


最後に

大正から続く、歴史ある喫茶店です。

素敵な店内を眺めながら、のんびりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。